カテゴリー別アーカイブ: Original

アウトドアで軽く着たい、フード付きのゆるブラウスジャケット。

前回ご紹介したブラウス兼ワンピースですが、こちらはフード付きのタイプです。
旅行やアウトドアに、軽く着るのに便利です。
ガーデニングウェアとしてもおすすめです。
フードは、普段使わないかもしれないけど、風が吹いたり、砂塵除けに、いざというとき役立ちます。

fude

クラシックな雰囲気の、ふんわりオーバーブラウス風ワンピ

春にはちょっとダークですが、薄ピンクとブラックのコントラストが印象的。
ティアードが人気のオリジナルの定番です。
この春は、色んなテキスタイルを組み合わせて、作ってゆきます。
ストレッチが効いた軽い生地なので、ふんわりとした着心地です。
オーバーブラウス風なので、はおりものとしても着れます。

In the Garden

春のカラープリント コットンストレッチのジャケットにもなるワンピース

さてこちらは、しっかりしたコットンのプリント生地です。
水彩画のようなテキスタイルの色ですね。
コットン生地には、素敵なプリント柄が多いのですが、シワや生地の固さがネックになることもあります。
ところが、こちらは厚めですがポリウレタン5%が入っているため、コットンの風合いそのままでストレッチが効いているのです。
IMGP6588

llll

それで、オープンファスナーを用い、春のワンピース・ジャケット、どちらでも着れるウェアにしています。

ノルディック柄で北欧の気分を~冬をおしゃれに乗り切る

地球環境の変化で、あちこちで突然寒くなったりしていますね。

でも、冬の季節を乗り切る先輩は、やはり北欧の人たちではないでしょうか。

長く寒い冬を生きてきた人々の文化にも注目してみると良いかもしれません。

ファッションの生地にも、ノルディック柄というデザインがあります。主にスノー柄、雪の結晶をモチーフにしていて、あとはトナカイや木々のイラスト集をモチーフにした感じでポップな雰囲気です。

北欧雑貨は、木のナチュラルな感じ、シンプルで軽快、機能的なデザインでずが、ノルディック柄と共通しています。

ノルディック柄のワンピース・チュニック

ノルディック柄のワンピース・チュニック

それから、冬には暖かくなるBGMもいいですね。

ノルディック ラウンジというCDもおすすめです。

そのままちょっとしたパーティーにも出席できる服

よく言われることですが、「何か特別な時の服」を買うと、そのときしか着られない、1回しか着られなかった。
というお話です。
皆様もそういう経験おありではないでしょうか。
すごーく特別であれば、仕方ないかもしれませんが、できればワードローブが自在に着回しできると楽しいですよね。
エリゼ館オリジナルより、そうした服をご紹介しましょう。

上等のポリエステル生地で作ったこちらのワンピース。ローウエストが大人可愛い感じで、とても好きな定番ワンピースです。
裾にチュールレースをあしらっているのがポイント!
個性的でもあり、ちょっとした席にも着ていただけます。しっかりした生地ですが、ストレッチが効いててウォッシャブルです。

IMGP5289
IMGP5301

また、ジャケットをはおれば、違った感じにもなります。
IMGP5312

人気のシャーリングを取り入れたセミフォーマルワンピース

前回に続き、さりげない雰囲気でセミフォーマルにも着られるワンピースのオリジナルシリーズをご紹介します。

ストレッチの効いた、タランとした落ち感のある生地を使ったワンピース。
ウエストに少しだけ、ゴムシャーリングを加えただけですが、大人っぽくてフェミニンな印象に。
スカート丈は、長くも短くもないスタンダードなので、身長にもよりますが、とっても選びやすい長さです。

右下は、プリント柄ですが、やはりストレッチが効いているのでファスナーなしで着ることができます。
アクセサリーや、ジャケット・ボレロなどとの組み合わせで色んなシーンにマッチするパターンです。

IMGP5377
IMGP5439

春に向かって明るい色が増えてきます。

2014年になりました。

世界中のあちこちで、大変なことが起こっていますし、まだ寒い日がこれから続きます。
それでも、春に向かってファッションでは、明るい色・・・・ピンクやブルー系、ベージュ系が主流になってきます。

「黒は沢山持ってるので、何か明るい色を着たい。」
という言葉を昨年はよくお聞きしました。
沢山の色彩があるけれど、しまってみえたり、何となく気分が落ち着いたり・・・ということで、皆さん無彩色のなかでも黒と、その次にグレーが多いようです。

流行る色・・というのは、世相にも関係あるような気がしています。
以前、景気が過去何年間ほど悪くなかったときは、茶色やベージュを好まれる方がすごく多かったので、茶系とベージュ系は必須カラ―でした。
その後、景気が悪いと言われ始めてからは、グレー色全盛!
茶色はすっかり不人気な色になりました。

そして、昨年ごろから前述のように、明るい色を求める方が増えてきました。
春に向かって、ファッションカラーが明るくなるように、世界中で明るい出来事が増えますように!

久々の花柄プリントです。

IMGP5503

そして甘さを押えて、こういうトラッドな着方もご提案してゆきたいと思います!
IMGP5497

少しクラシックな雰囲気の切り替えワンピース

写真左は、フォーマルな場所にも着て行けるワンピースです。黒のウールニットと、ピンクと黒のゴシック柄の生地で出来ています。華やかですがシャープです。
写真右は、グレーの濃淡、ニットとウールの素材違いで変化を付けた切り替えワンピース。
Aラインで着易い形はカジュアルですが、私は修道院のシスターのカラーを連想します。
ですから、こちらもちょっとクラシックな雰囲気になります。

woolone-03

ウールニットのワンピース特集~重ね着風コンビネーション

 ゆったりした襟ぐりのウールニットのワンピース。
グレー、黒などベーシックな色が多いのですが、今流行りの重ね着風ワンピースを作ってみました。よくあるデザインみたいですが、長さや雰囲気にこだわって決めたので、着用していただくと、独特なのがわかっていただけるはず。
 リラックスした着心地ですが、軽快な切り替えが、スッキリ活動的な感じをプラスしていて、旅行やオフィスでのウェアとしてもお役に立ちます。

woolone1

ウールニットのワンピース 暖かくて、その着易さが魅力

こちらは、とっても着易くて暖かい、私の大好きな素材・圧縮ウールニットのワンピースです。
生地が厚くても伸縮性があるので身体にフィットして着心地が良いのです。
しかも50cmの前ファスナーがついていますので、着るときも簡単です。この冬のデザインで襟付きタイプにしてみました。とても好評です。

ベージュの方は、同系色のコーデュロイの生地で襟を作りました。黒のワンピースには、ピンクと黒の少しバロック調の柄のカラーを取り入れています。
寒い冬ですが、楽しく着ていただける工夫をしたいと思っています。

尚、ローウエスト切替えは、大人の女性の方々にも人気。大人可愛さを大切に。楽しんでください。

woolone-01

ベージュワンピースの襟もとにある、薔薇のブローチ、黒・茶色など色々なチュニックやブラウスにもよく似合うお気に入りです。
これはエリゼ館のある地元、城下町長府で作られているハンドメイドアイテムのひとつなのです。
下の写真のように、最近ピンクもできました。プレゼントなどにおすすめです。

IMGP5878